TOP  > JODAろぐ > デッサン優秀者に聞く、絵を描くコツとは?

2015/06/02
インタビュー
デッサン優秀者に聞く、絵を描くコツとは?

メディアデザイン専攻の伊藤一樹君に取材して来ました。

伊藤君はデッサンの講師、東先生からの推薦で取材に選ばれ、デッサンの授業で優秀な成績を修めている生徒です。

そんな彼が普段からどのようなことをして、何を意識して絵を描いているのか聞いてみました。

 

 

デッサンで一番印象に残った課題はなんですか

 

伊藤:2つの石膏が用意されていて、その2つからどちらかを選んで描くという課題です。

写真 1

高野:絵を描くときはどのようなことを意識して描いていますか?

 

伊藤:線が汚くならないように注意しています。線が汚いと気にしてしまうんですよね。後は筆圧を考えてなるべく一本の線で描くようにしています。

 

ここまで絵を上達させるまでに今までやってきたことはなんですか?

 

伊藤:高校のときから一ヶ月に最低一回は模写をしていました。芸能人の写真を模写することが多かったですね。後はGガンダムというアニメが好きだったので、そのアニメの絵を描いていました。

 

将来はどのような職種に就きたいですか?

IMG_4592 

伊藤:将来的にはアニメーション関係の仕事に就きたいですね。今から色々学んで、アニメーターを目指して行きたいと思います。

 

高野:いいですね! これから色々学んで、アニメーターを目指して頑張って欲しいですね。

 

最後に、

伊藤君の個人作品をご紹介!

写真 2

 

以上、伊藤くんでした。

IMG_4615

 ありがとうございました。

 

 

pagetop