TOP  > JODAろぐ > 編集部から就活生へvol.8 -就活で困った時に相談するのは…?-

2015/12/04
おやくだち
編集部から就活生へvol.8 -就活で困った時に相談するのは…?-

就活に困った時は!?

こんにちは、今年も残り1ヵ月ですね。齋藤です。

皆さん、就職活動中に困った経験はありますか?
当然何かしらの問題が生じて困った事は誰にでもあると思います。
それでは、困った時にはどうしましたか?
困ったときは誰かに相談するのが一番ですが、時には誰にも相談できず困ってしまう事もあると思います。

今回は就職活動に困った時に誰に相談すれば良いのか、自分の体験談も交えながら紹介していきたいと思います。

 

まずは就職課に相談

就活で困った事がある時、まずは就職課行くべきです。
学サポの皆さんは毎年何百人もの情報大生の就職のサポートを行ってくれている就活相談のプロです。
過去の先輩の就職体験談など、情報大学生の情報を教えてくれます。
そして、何より学サポの方に自分の希望する業種職種をしっかりと伝えていれば、情報大学に来ている求人を直接紹介してくれる事もあります。
美味しいコーヒーも飲めるので、就職活動を行なう際には就職課での作業がオススメです。

ゼミ、担任の先生への相談

続いてオススメするのは、ゼミナールの担当教員に相談する事です。
ゼミナールの教員の先生は今まで自分が行ってきた大学生活での活動を良くも悪くも一番近くで見てきてくれているので、就職の指針を相談する時には相談する相手としてオススメです。

そして何より先生はゼミ生の就職を心配してくれます。
早く就職先を報告して先生を安心させてあげたいという原動力というか謎のモチベーション(?)にも繋がります。

ハローワーク

札幌の市内には学生の就職をサポートしてくれる学生ハローワークというものが存在します。
ここの場所では就職課で行っている事と同様に、学生の就職活動をサポートしてくれる施設があります。

作業ができるスペースやPCの利用もあるので、会社説明会をハシゴしている時にちょっと時間ができて次の企業の内容を確認したい時などに利用する事ができます。
JR札幌駅から近いというのもポイントです。

そしてハローワークでは、試験を受けたい企業に対して招待状を発行してくれる場合もあります。
予約をすれば面接練習を行なってもらう事ができます。
ハローワークなどの街中の施設ではほとんど知り合いに会わない事が多いので、学内で就活練習を行ってもどうしても知り合い相手では新鮮味が無いと感じる人ならば、この様に学校外の就職支援の施設を利用する方がかえって効率が上がる可能性もありと思います。

友人

困った時に一番最初に相談するのは友人。そんな人は多いと思います。
しかし、一口に友人と言っても色々な人がいますよね。
ここではどんな友人に相談すれば良いのかその一例紹介したいと思います。

 コミュニティーが豊富な友人

積極的に学外の社会人と関わっている学生、そんな人はあなたの周りにいませんか?
就職活動は運命の巡り合わせと言われていますが、案外一番多いのが人からの紹介で就職を決める。というパターンです。
人と積極的に関わっている人であれば、その分色々な情報を持っているかもしれません。
その友人から情報を聞き出す、友人が外で活動する時に付いて行く、あるいは友人を見習って自分から積極的に社会人コミュニティーに参加してみるのも方法です。
学校や就職ナビサイトで職を探す以外にも就職には様々な方法がありますよね。

聞き上手、話の上手な友人

どうしても困ったら友人に困っている事を全て吐き出してしまう。というのも1つの手段です。全てを吐き出す事で新たな事に気がつけるなんて事があるかも。
この時に人の話を聞くのが上手な人に相談する事ができれば、より解決策を導き出すのに近づけるかもしれません。

自分と同じ分野で就職活動を行っている友人

「同じ分野で就活しているライバルに相談するなんてとんでもない!!」こう思う人もいるかもしれません。確かに競争意識があるのはわかります。
しかし、そのライバルに話を聞いてみると自分の知らない企業を受けていたり、
運が良ければ選考の情報も教えてくれる…なんてラッキーもあるかもしれません。

「就活は個人戦ではなく団体戦」
こういう言葉もありますよね。

先輩

同じ学部や同じゼミナールの先輩ならば、就職活動の範囲が重なる事があり、昨日受けた会社が実は昨年度同じゼミの先輩が何人も受験していた。なんて事もしばしばあります。
実際に社会に出て、仕事をしている先輩に相談するのもアリだと思います。

両親

最終的に自分の進路を決めるのは自分自身ですが、両親に相談する事で客観的な意見や今までの自分から導き出される就活のアドバイスをしてもらえるかも。
就職活動の準備の際協力してもらう意味も含めて、例え一人暮らしで今は離れていて暮らしていても保護者には自分の就職についてきちんと相談しておく事をオススメします。

最後に…

どうでしたか?今回紹介したように、就職活動の相談をできる人は案外多いですよ。
就職活動は1人で悩みすぎても決して進みません、困った時には人に相談してみると意外な解決策や新しい解決方法を教えてくれるかもしれません。

 

就職活動は大変ですが、どんなに辛くても合格できると信じ続ければ必ず突破できます。
頑張りましょう。

pagetop