TOP  > JODAろぐ > 編集部から就活生へ! Vol.1

2015/11/02
おやくだち
編集部から就活生へ! Vol.1

こんにちは!
JODA!編集部の藤根です。

JODA!では今回から、
「情報大の就活生による就活生のための情報発信」を毎週2日行ってまいります!

就活での役立つ情報・あるある・必要なことなどなど…今就活中やこれから就活をする情報大生へ送る就活情報を発信していきますので、就活が終わった方もそうじゃない方もこれからの方も、何かの役に立てればと思います♪

Vol.1の今回は「嫌なものは溜めるな!ストレス解消法」です!

就活という単語を見たり聞いたりするだけでもうストレス!
そういう時はどうしたらいいの?!というみなさんに、私が実際に行ったストレス解消法を紹介していきます。

 

おすすめストレス解消法①:寝る

syukatsu1_1

 え?これだけ?

と思うお方も多いでしょう!
ただ睡眠不足・体調不良は就活の最大の敵です!

履歴書に自分のことをいい感じに表現したくても、眠くて頭が働かなければ意味がありません。
面接で寝不足の顔ってちょっとわかったりしますし、笑顔で面接を行うことがとても難しくなります。

わかってるけど寝てる時間なんてない!

そんな人は
「15分だけリラックスして目を瞑る」
ということを試してみてはいかがでしょうか。

横にならなくても椅子の上で深呼吸をしながら目を瞑ってみましょう。
案外すっきりとした目覚めになりますよ!

 

おすすめストレス解消法②:食べる

syukatsu1_2

当たり前のことのように思えますが、これも大事なことです!

「腹が減っては戦はできぬ」という言葉があるように、お腹がすいては何をしても中途半端になってしまいますし、履歴書・面接等で使う上手い言葉が思いつかず、私は何度も痛い目に合いました…。
食事・睡眠は戦の前の準備と同じ!と考えるといいかもしれませんね。

また、ただ単にお腹を満たすために食べるだけではありません。
私が考えるいい食事の取り方はこちら!

①美味しいものを食べる
日々の食事を適当にとっていませんか?
忙しい日々で毎日きちんと取れてるだけでもいいのかもしれませんが、週に1回など自分が食べたい、美味しいものを食べるようにしましょう!
その日を楽しみにすることでちょっとでも毎日を前向きに考えられますよ。

②ゆっくり食べる
忙しいからといって食事を手早く済ませてしまうと、お腹がすぐ空いてしまったり、食べてる量に対してあまり満腹感を得られなくなってしまいます。
朝の時間など忙しいのが避けられない場合は仕方ないのかもしれませんが、その分お昼ご飯や晩ご飯ゆっくりしっかり噛んで食べるようにしましょう!

③友達と食べに行く
一人暮らしの人はもちろん、実家暮らしの方も、気分転換に仲の良い友達と食事に行ってみましょう!
日々の愚痴をこぼしながら美味しいご飯を食べることで、分の中にある考えても仕方ない不安が解消されると思います。
食事を楽しむことで満腹感を得られるだけでなく、充実感を得ることもできると思うので、ぜひお試しください!

 

おすすめストレス解消法③:遊ぶ

syukatsu1_3

遊んでいる場合かーッ!!!

と考える方も多いでしょう。

私もそうでした。
4年生で就活生なんだから、遊んでないで卒業研究・卒業論文と就活に全力を注がなければ!みたいな。

けれども人間、そんなに真面目にばかり生きてはいけません。
適度な息抜き・ガス抜きがなければ上手くいくことも上手くいかないことが多くなってしまいます。

同じことをずっとしていても煮詰まったときに困りますし、楽しいことをして心と体のリフレッシュをすることで、思いつかなかった考えが浮かんだり、さあやるぞ!と気合を入れることができると思います。

もちろんだからといって毎日毎日土日も遊びやバイトをしていても、就活も卒業研究も卒業論文も上手くはいきませんよ!
ほどよく遊ぶようにしましょう!

また友達で「もうだめだ…おしまいだ…」みたいな絶望の淵にいるような子を見かけたら、「私もやばいけどちょっと息抜きしようぜ!」と遊びや食事に誘ってみてはいかがでしょうか。
お互いの近況報告・愚痴を言い合いながら楽しむことで、自分の中のモヤモヤも、友達の中のモヤモヤも、少しは落ち着きますよ!

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。
「なんだ、当たり前の普通のことばっかりじゃないか!」と思っているそこのアナタ!
その当たり前をきちんとしないで、大仕事はできない!と私は就活を終えて思ったのです。

なんて偉そうに言ってますが、私も就活を始めた頃はいつも緊張したり逆にめんどくさがったりで準備を怠ったり睡眠時間を削ったせいで説明会で爆睡したりしてしまいました…。
もちろん、そんなことでいい結果を得られるわけもなく、「自分はなんてダメな人間なんだ!」と落ち込む毎日でした。

でもしっかり睡眠をとって、美味しいご飯を食べて、たまには友達と遊んだりして、くじけそうになる心を何度も励ましてここまでやってきました。

何事も頑張りすぎては、体も心も壊してしまいます。
ほどよく頑張って、ほどよく息抜きをして、就活という闘いに挑みましょう!

それでは、次回をお楽しみに!

 

藤根紗英

北海道情報大学 情報メディア学部 情報メディア学科 安田ゼミ

この人が書いた他の記事を見る
pagetop